槍ヶ岳登山前にルートと難易度を体感できる本「槍ヶ岳山頂」

こんにちは。SHIORI BOOKSめぐみです。

今回ご紹介する本は、川端誠さんの絵本「槍ヶ岳山頂」です。

槍ヶ岳の標高は3,180m、日本で5番目に高く、人気も高い日本百名山のひとつです。登山上級者は、槍ヶ岳のことを略して「ヤリ」って呼ぶそうです。

私のように北アルプス自体に馴染みが薄いけれど、槍ヶ岳ってどんな山?どういうルート?難易度は?など「ヤリ」が気になる方に手にとってほしい1冊です。

もくじ

「槍ヶ岳山頂」(やりがたけさんちょう)ってどんな本?

https://pictbook.info/
絵本の情報サイト.ピクトブックより画像転載
  • 著者:川端 誠
  • 初版年月日:2014年2月
  • ページ数:40ページ
  • ジャンル:絵本

父さんに連れられて、2泊3日の縦走登山に挑戦する小学5年生の「ぼく」。そのコースは、登山者の多くが憧れるであろう北アルプス一番人気の「燕岳(つばくろだけ)~槍ヶ岳」のアルプス銀座ルート!父さんのさりげなく且つ的確なサポートも見どころ。

登山の苦しさ、高揚感、達成感を「ぼく」と一緒に体感しましょう!

「槍ヶ岳山頂」こんな人におすすめします!

本とノートのイメージ画像

槍ヶ岳に登ったことがある方

ご自身の山行を思い返しながら読んでみてください!

山頂に立つまでの苦しさや山頂に立った時の高揚感、下山後の達成感をもう一度味わえるはずです。

槍ヶ岳に挑戦したいと思っている方

見返りの表裏に今回の登山口であるJR穂高駅から下山口の上高地を経て松本駅までのルートが、各山小屋のスタンプとともに手書きで記されています。(作品のモデルで著者のご子息であると思われる川端将宗さん作)

正規の地図よりスーッと登山ルートが頭に入りやすいので、アルプス銀座のイメージトレーニングにも役立つでしょう。

印象的なシーンとフレーズ

朝焼けの日本アルプス

初日燕岳に登り、その日は燕山荘(えんざんそう)の山小屋に宿泊し、翌朝4:53にご来光を望んだぼく。

金色の光が ぼくにもとどいていると思うと、なんだか勇気がわいてくる。

空の色、あたりの色が どんどんとかわっていく。太陽のスピードを はじめてしった。

「槍ヶ岳山頂」(P4)川端 誠
めぐみ

ぼく、いいものを見られたね!
朝日が地平線または水平線から顔を出すまでは時間がかかるのに、出てきたら一気に昇っていきますよね。子どもの時にその感覚を知ったなんて貴重な経験ですね!

急に雨が強くなり、景色もほとんど見えないなか、急な登りが続くなかでのシーン。

「くるんじゃなかった」本気で、そう思いはじめる。情けなくて、涙がでそうだ。こんなことは二度とごめんだ。でも、今は歩くしかない。

「槍ヶ岳山頂」(P26)川端 誠
めぐみ

山は入ったら立ち止まってはいけないんですよね。そこが自転車旅と違うところだなと山歩きをしながら思いました。私も北海道の知床連山を縦走した時「私ごときが来てはいけない山だった」のだと2日目はへろへろに歩きながら思ったものです。友人に励まされながら、一歩一歩進みました。

ついに槍ヶ岳山頂に立ったぼく
燕岳、大天井岳(おてんしょうだけ)、赤岩岳、西岳、水俣乗越と2日間これまで歩いてきた山々を振り返ります。

「歩いたなあ」うしろで父さんが、いった。声がだせない。ぼくはひとつうなずいて、タオルで汗をふくふりをして、何度もなんども、涙をぬぐった。

「槍ヶ岳山頂」(P35)川端 誠
めぐみ

父さんの短いひと言には、実感がこもっていてジーンときます。ぼくは、この瞬間のいろんな気持ちがない交ぜになった感情をずっと忘れないでしょう。

まとめ:美しい北アルプスの景色を思い出しながら

残雪が見える日本アルプス

先月5年ぶりに長野を旅しました。友人のご両親に連れて行ってもらった牛伏川からの帰り道、北アルプスが一望でき、槍ヶ岳もその奥に見えました。

お母さんは「松本出身だけれど山のことはなんにも知らないの。でも槍ヶ岳だけはわかる」と話していたように、まわりの山とは区別しやすい名前の通り尖った姿は、神々しく感じました。

その翌日は、知床縦走を一緒にした友人が上田市の根子岳に連れて行ってくれました。

その日もお天気に恵まれ、頂上からは360度の展望!北アルプスはもちろん南アルプス、遠くに尾瀬方面の山々も見えました。地図と照らし合わせながら北アルプスの山並みを確認し、そのダイナミックさにうっとり。

5年前は、その友人と1泊2日で大天井岳まで歩く予定が、翌日悪天候の予報のため燕岳の日帰り登山に。いつかは、私もアルプス銀座をいつかは…実現するかなあ、、いつかは…。

めぐみ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

もくじ